女性ホルモンと同じように働くイソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするので、植物性エストロゲン、またはフィストロゲンとも呼ばれています。
エストロゲンは、女性の健康に欠かすことのできないもので、大変重要な役割を担っています。
その役割とは、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすという作用があり、血液中のコレステロールが正常になるように促進することで動脈硬化や高血圧を防ぎます。
そして、カルシウムが骨から溶け出すのを防いでくれるので、イソフラボンは骨粗鬆症を予防します。

同時にエストロゲンは美肌ホルモンとしての役割もあります。
コラーゲンを増やすことで、細胞の柔軟性や潤いを守り、粘膜や皮膚を健康に保ちます。
さらには、脳の血液の循環をよくして、脳細胞自体の働きを活発にして自律神経のバランスを整えるといった働きがあります。
エストロゲンを投与することで、アルツハイマー病の進行を止めることができた症例からも実証されています。
イソフラボンはこのような重要な働きを肩代わりすることができるのです。

女性はエストロゲンの分泌が40代後半くらいから減少しはじめ、ホルモンバランスが崩れ自律神経のさまざまな失調症状があらわれる更年期障害にかかりやすくなります。
症状がひどい場合には漢方薬による治療やホルモン補充療法が行われますが、家庭で行える対策でエストロゲンの働きをしてくれる食材を摂取する方法があります。
その代表となるのが大豆イソフラボンであり、さまざまな更年期の症状を和らげることが分かっています。
エストロゲンは女性ホルモンの分泌を調整する働きもあり、乳ガン・卵巣ガン・子宮ガンの発症を防ぎます。
さらに大豆イソフラボンを食品で摂取することで、より発症率を下げることができます。

女性ホルモンの働きの代わりをすることもできるイソフラボンを上手に摂取して、より健康的な毎日を過ごしましょう。
ほかにも女性の味方、高麗人参の成分と効果・副作用をご覧ください。